産官学民一体となった日本のデジタルアーカイブ化が進められています。その中で、デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(略称 DAPCON)は、産業界としてこの取組の継続性を担保するために2017年4月に発足いたしました。様々な業態の関連企業が知恵を出し合い、コンテンツ産業セクターの発展を生み出す基盤となるデジタルアーカイブ産業の形成と底上げを図ってまいります。

活動概要

NEWS

デジタルアーカイブ推進コンソーシアム:第4回デジタルアーカイブ連続セミナー(講演会)を開催いたします。(2018/10/12)

10月12日(金)に第4回デジタルアーカイブ連続セミナー(講演会)を開催いたします。 2017年に、自民党のデジタルアーカイブジャパン構想推進議員連盟の要請を受け、デジタルアーカイブ 推進コンソーシアム (DAPCON)が、デジタルアーカイブ学会法制度部会の協力のもと、「デジタルアー カイブ振興基本法(仮称)」を提案するに至りました。 その後、衆議院法制局における検討を経て、本年(2018年)5月8日に開催された超党派のデジタル文化 資産推進議員連盟総会において提示された「デジタルアーカイブ整備推進法(仮称)要綱案」についての 内容を中心に、骨董通り法律事務所 福井健策弁護士にご講演いただきます。 詳細は下記の通りとなります。 ==========================================…もっと見る

第2回デジタルアーカイブ連続セミナー(講演会)を開催いたします。(2018/8/22)

8月22日(水)に第2回デジタルアーカイブ連続セミナー(講演会)を開催いたします。 5月14日~16日にオランダのロッテルダムで行われた「EuropeanaTech」の参加報告を中心に、 デジタルアーカイブに関わる最新の技術動向について、 東京大学大学院情報学環高等客員研究員の時実象一氏にご講演いただきます。 今回はセミナー受講生に限らず、会員各社様にご参加いただける講演会形式となっております。 各社様、複数名ご参加いただけますので、お誘いの上、奮ってご参加ください。 詳細は下記の通りとなります。 ======================================================= ■日時:2018年8月22日(水) 17:00-19:00 ■会場:東京大学本郷キャンパス 工学部2号館…もっと見る

デジタルアーカイブ連続セミナー(第2期)開講いたします。

2017年度に開講されましたデジタルアーカイブ連続セミナー(第1期)につきまして、今年度も開講が決定いたしました。 現在デジタルアーカイブ連続セミナー(第2期)受講生を募集しております。(※ただし、DAPCON会員各社から1名まで)   7月〜11月までの全5回の講義を予定しており、第2回(8月)と第4回(10月)につきましては、受講生のみならずDAPCON会員社の方であればご参加いただけます。   第1回目の講義は7月11日を予定しております。   DAPCON連続セミナープログラム

第1回公開シンポジウム「著作権だけではない! デジタルアーカイブと法制度の新たな課題解決にむけて」開催のお知らせ

・ ・ 膨大な量のデジタルコンテンツが日々生成され、またアナログ情報のデジタル化も進み、あらゆるテーマのもとにデジタルコンテンツを効果的・効率的に収集・整序したデジタルアーカイブ(営利・非営利)の利用価値は増しています。その状況を受けて、近年、産官学民を横断したデジタルアーカイブ振興の機運が高まっています。 しかし、せっかく構築されたデジタルアーカイブも、利用の観点から見ると技術的・制度的・経済的な障害は少なくありません。その中でも著作権関連の問題はしばしば指摘され、その改善に向けての取り組みも多方面において試みられていますが、法制度や権利処理に関わる問題は著作権だけに限られるわけではありません。所有権、肖像権、パブリシティ権など、むしろ著作権以上に困難な問題が横たわっているのです。 本シンポジウムは、デジタル…もっと見る

公開シンポジウム (DAPCON協力)「地域の記憶と記録を今に活かす ― 地域文化資源デジタルアーカイブの役割 ―」

・ ・ 東京文化資源会議では、谷中・根津・千駄木地域を対象にした、デジタルアーカイブ・プロジェクトを進めてきました。これは、具体的な地域文化資源をあつかうことを通じて、デジタルアーカイブのモデルを構築する試みです。本シンポジウムでは、このプロジェクトの中間報告を行なうとともに、今後の可能性を探ります。デジタル化した文化資源をいかに活用するのか、そしていかに各地域の文化資源をつなげて全国的なネットワークを形成するのか。デジタルアーカイブ学会(JSDA)、デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)の協力を得て、産学民の連携のもとでの可能性と課題を論議します。 ■主催:東京文化資源会議(TCha) ■後援:デジタルアーカイブ学会(JSDA) ■協力:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON) ■日…もっと見る


ARCHIVE

ニューズレターNo.5の発刊について(2018.6.20)

 2018年6月20日にニューズレターNo.5を発刊いたしました。  時実象一氏(東京大学大学院情報学環 高等客員研究員)による「Europeana Network Association年次総会参加報告」と、有識者エッセイとして吉見俊哉 東京大学大学院情報学環教授に「ハーバード大学での図書館とアーカイブの経験」というテーマでご寄稿いただきました。

第11回 幹事会の開催について(2018.4.25)

 2018年4月25日に第11回幹事会を開催いたしました。   デジタルアーカイブ振興基本法の状況や継続会員及び新規会員の状況、2018 年度第1回総会および設立1周年記念シンポジウムの開催、Europeana Tech などについて報告し、パイロット事業内容や新検討会の立ち上げ、日本教育財団との連携などについて検討を行った。 20180425_DAPCON_幹事会_議事次第

ニューズレターNo.4の発刊について(2018.3.16)

 2018年3月16日にニューズレターNo.4を発刊いたしました。  12月5日に行われた第1回公開シンポジウムレポートや2月5日に行われた第3回講演会(御厨貴東京名誉教授ご登壇)レポート、第3回会員社紹介、有識者エッセイとして石田英敬 東京大学大学院情報学環教授に「テクスト生成研究とデジタル・アーカイブ」というテーマでご寄稿いただきました。

第6回 デジタルアーカイブ連続セミナーの実施について(2018.3.2-3)

 2018年3月2日,3日に最終回(第6回)として1泊二日のセミナー合宿を実施いたしました。合宿では「デジタルアーカイブ産業振興に関わる政策と産業化の課題等」をテーマに高野明彦教授(国立情報学研究所)と長丁事務局長(デジタルアーカイブ推進コンソーシアム)にご講義いただいたのち、受講生によるモデル事業提案・討論を行いました。   DAPCON連続セミナープログラム