DAPCONについて

DAPCONとは

DAPCON

産官学民一体となった日本のデジタルアーカイブ化が進められています。その中で、デジタルアーカイブ推進コンソーシアム(略称 DAPCON)は、産業界としてこの取組の継続性を担保するために2017年4月に発足いたしました。様々な業態の関連企業が知恵を出し合い、コンテンツ産業セクターの発展を生み出す基盤となるデジタルアーカイブ産業の形成と底上げを図ってまいります。

設立の趣旨

我が国における産業振興、学術分野の発展、教育の向上、日常生活の充実等国民生活のあらゆる場面において、デジタルコンテンツの開発・活用は今後の発展のためには不可欠の要因であり、それを支えるインフラとしてのデジタルアーカイブの整備・活用は我が国にとって喫緊の課題となっています。しかし、欧米には言うに及ばず、中国、韓国などのアジア主要国と比べても、我が国におけるデジタルアーカイブ整備は緒についたばかりであり、その促進に向けた急速な取り組みが必要となっています。
こうした状況を受けて、デジタルコンテンツの流通・利用とそれを支えるデジタルアーカイブの構築に関わる諸団体が連携し、その促進のための共通の課題解決に向けて取り組むためにデジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)が2017年4月に発足いたしました。
当面は産業活動の基盤となる、デジタルコンテンツ振興とデジタルアーカイブ利活用促進に係る基本法の制定および関連諸施策の推進を、国会はじめ関連諸方面に働きかけることにも重点的に取り組みます。

活動概要

・我が国の電子コンテンツ流通・利用促進のためのプラットフォーム形成
・DA産業の範囲:電子コンテンツの生産者から消費者までの流通チャネル形成、電子コンテンツの蓄積、編集加工・キュレーションなどの付加価値創造、流通調整、利用促進等、電子コンテンツ産業のプラットフォーム機能を支える産業群
・関連法令整備、規制緩和、税制等への対応、個別のビジネスモデル構築の基準となる産業スキーム形成、標準化促進、人材確保等業界としての共通利益を追求
・関連する大学、府省、国の情報基盤整備機関、関連業界等との連携
・海外展開のための基盤整備(集中的翻訳機能の整備等)

会員等一覧

(2022年8月30日時点)

■役員

会長 青柳正規(東京大学名誉教授)
副会長 宮本聖二(ヤフー株式会社 エグゼクティブ・プロデューサー)
顧問 中山信弘(東京大学名誉教授)
顧問 原島博(東京大学名誉教授)
顧問 御厨貴(東京大学名誉教授)
事務局長 緒方靖弘(寺田倉庫株式会社 執行役員)
監事 丸善雄松堂株式会社
幹事 以下幹事社(5社)

■幹事社(50音順)

株式会社エヌ・ティ・ティ・データ
大日本印刷株式会社
寺田倉庫株式会社
凸版印刷株式会社
ヤフー株式会社

■一般会員(50音順)

株式会社ヴィアックス
TRC−ADEAC株式会社
株式会社野村総合研究所
株式会社ブックスキャン
丸善雄松堂株式会社
株式会社モルフォAIソリューションズ

■情報会員(50音順)

ポーラ文化研究所


お問い合わせ

活動や入会についてのご質問、メディア取材などはこちらからお問い合わせください。

入会案内

デジタルアーカイブ推進コンソーシアムへの入会は、こちらからお申し込みください。