2022デジタルアーカイブ産業賞 受賞テーマ発表会 開催のお知らせ

デジタルアーカイブ推進コンソーシアムでは、発足以来、毎年「デジタルアーカイブ産業賞」を開催しております。本年は、ビジネス賞2件、技術賞2件、貢献賞3件、奨励賞2件の計9件を選出いたしました。
受賞理由につきましては、サイト(https://dapcon.jp/awards/2022/)をご覧ください。

受賞者の皆様の取り組みを広く知っていただく場として、「2022 デジタルアーカイブ産業賞 受賞テーマ発表会」をオンラインで開催いたします。ぜひご視聴ください。

【「2022 デジタルアーカイブ産業賞 受賞テーマ発表会」開催概要】
開催日時:9/14(水)13:30~15:30
開催形式:オンライン(Zoom)
主催:デジタルアーカイブ推進コンソーシアム
参加費:無料

■視聴方法
URL:https://us02web.zoom.us/j/89808922490
どなたでもご視聴いただけます。

■式次第
1 開会宣言:緒方 靖弘事務局長(司会)
2 選考委員ご挨拶
3 受賞者発表:緒方事務局長
4 テーマ発表(受賞者プレゼンテーション)
  1テーマ 発表8分、質疑応答2分、計10分 
5 講評:高野 明彦氏(国立情報学研究所名誉教授・特任教授)
6 閉会宣言:緒方事務局長

【デジタルアーカイブ産業賞について】

1 「デジタルアーカイブ産業賞」趣旨
デジタルアーカイブ産業振興に寄与した活動を称揚することによって、デジタルアーカイブ産業及びデジタルアーカイブ推進コンソーシアムへの社会的関心を高めるとともに、産業の発展に資する。各年度で選考し、発表・授賞式を行う。

2 選考委員・作業部会員
<選考委員>(50音順)
青柳 正規  デジタルアーカイブ推進コンソーシアム会長:選考委員長
塩原 誠志  内閣府知的財産戦略推進事務局参事官
高野 明彦  国立情報学研究所名誉教授・特任教授
寺田 航平  寺田倉庫社長/経済同友会幹事
吉見 俊哉  デジタルアーカイブ学会会長(東京大学大学院情報学環教授)

<作業部会員>(50音順)
植山 秀治  凸版印刷株式会社
岡本 真   アカデミック・リソース・ガイド株式会社
神崎 正英  ゼノン・リミテッド・パートナーズ代表
小林 慎太郎 株式会社野村総合研究所
長谷部 旭陽 株式会社NTTデータ
宮本 聖二  立教大学特任教授・ヤフー株式会社
室田 秀樹  大日本印刷株式会社
脇 昌弘   ネットアップ合同会社

3 各部門賞概要
ビジネス賞:過去5年以内を対象としてデジタルアーカイブ産業の新しい分野・ビジネスモデルを開拓し、普及・活用等に優れた貢献をした個人・企業・機関・団体を対象とする。
技術賞:前年度に発表または実施したデジタルアーカイブ産業に資する革新的な技術・手法・サービス・機材・システムを対象とする。
貢献賞:期間を問わず、デジタルアーカイブ産業の発展に大きく寄与した個人または団体を対象とする。
奨励賞:今後更なる発展が期待されるデジタルアーカイブ産業の個人・企業・機関・団体を対象とする。 

【デジタルアーカイブ推進コンソーシアムについて】
我が国における産業振興、学術分野の発展、教育の向上、日常生活の充実等国民生活のあらゆる場面において、デジタルコンテンツの開発・活用は今後の発展のためには不可欠の要因であり、それを支えるインフラとしてのデジタルアーカイブの整備・活用は我が国にとって喫緊の課題となっています。こうした状況を受けて、デジタルコンテンツの流通・利用とそれを支えるデジタルアーカイブの構築に関わる諸団体が連携し、その促進のための共通の課題解決に向けて取り組むためにデジタルアーカイブ推進コンソーシアム(DAPCON)が2017年4月に発足いたしました。

【本イベントに関するお問い合わせ】
デジタルアーカイブ推進コンソーシアムサイトのお問い合わせフォームより、ご連絡ください。